cssで使える色名称

Cascading Style Sheets(CSS) では十六進数、十進数表記の他以下の色名称が使えます。順番はピンク系、赤系、燈系、黄系、茶系、緑系、シアン系、青系、紫系、白系、灰系の順です。また色名称は大文字小文字を区別しません。例として LightGoldenrodYellow は lightgoldenrodyellow のように表記されます。ここでは「らくだのこぶ」になぞえてキャメルケース(camelcase)という方式で書き表しています。

X11 color names

これらの色名称は、X11 color names と呼ばれ、X Windows System において rgb.txt というテキストファイルが元になっており、最初のバージョンのMosaicやNetscape Navigator が Web colors のリストとして採用した。W3C では SVGCSS Color Module Level 3 で採用されている。

日本語で灰色のgrayはgreyとも綴りgrayはアメリカ英語、greyはイギリス英語とか、どちらを使っても間違いではないようです。犬種のグレイハウンドはgreyhoundでgrayhoundとは綴らないので注意して下さい。またIE(Microsoft Internet Explorer)6,7ではgreyはサポートされずlightgreyのみサポートされ逆に、lightgrayがサポートされないという困った事になっています。

lightgrey => IE6,7サポート、ただしlightgrayはサポートされない。
darkgrey, grey, dimgrey, lightslategrey, slategrey => IE6,7ではサポートされない。

参考:
https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/CSS/color_value

Web Accessibility

色の使用はwebページの見栄えを良くする要素であるが、webアクセシビリティ(accessibility)に配慮することを忘れてはならない。webアクセシビリティとはwebページを訪問する高齢者、障がい者を含む誰もが問題なく利用できる状態または、その尺度をいいます。例えば<img src="url" alt="画像の内容">のようにimgタグには必ずalt属性に代替テキストを付加するというような事です。

W3C Web Accesibility Initiative(WAI) では webアクセシビリティを向上させるためのガイドラインを Web Content Accessibility Guidelines(WCAG) 2.0 をW3C勧告としました。

WCAG 2.0 では色の使用について以下の記述があります。
1.4.1 Use of Color: Color is not used as the only visual means of conveying information, indicating an action, prompting a response, or distinguishing a visual element. (Level A)
1.4.1 色の使用:情報の伝達、動作を示す、反応を促す、視覚的な要素を見分けるなどの視覚的な意味だけに色を使用しない。

上記の記述だけでは具体的に何をどうすれば良いかなど理解しづらいので WCAG 2.0 を理解して実践するためのガイドとして Understanding WCAG 2.0 という文書が公開されています。この文書の Understanding Success Criterion 1.4.1 [Use of Color]に具体的な例が記述されています。
Examples of information conveyed by color differences: “required fields are red", “error is shown in red", and “Mary's sales are in red, Tom's are in blue". Examples of indications of an action include: using color to indicate that a link will open in a new window or that a database entry has been updated successfully. An example of prompting a response would be: using highlighting on form fields to indicate that a required field had been left blank.
色の違いによる情報の伝達の例:「要求される項目はred」、「エラーはredで示される」、「マリーの売上はred、トムはblue」。動作を示す例:リンクが新しいウィンドウで開く事や、データーベースの項目が更新に成功した事に色を使用する。反応を促す例として:フォームの必須項目が未入力である事を示すためにハイライト表示する。

参考:
JIS X 8341-3:2010 解説
WCAG 2.0 日本語訳
Understanding WCAG 2.0 日本語訳